これは重要!全スカの人がやるべき乾燥対策や保湿方法

・乾燥が全スカの原因となる理由

全スカを改善したいと思っている人や、これ以上悪化させたくないと思っている人はたくさんいると思いますが、そういった人達は頭皮が乾燥しないように注意しなければいけません。

顔などは肌の乾燥はいろいろな肌トラブルの原因となるので日頃から保湿をしている人はたくさんいると思いますが、頭皮まで乾燥しないように日頃から気を配っている人は意外と少ないのではないでしょうか。

正常な頭皮は水分と皮脂のバランスが取れていて、外部からの刺激から肌を守るバリア機能の役割を果たしています。しかし、肌が乾燥してバランスが崩れてしまうとバリア機能の役割を果たせなくなってしまって、本来であれば守ることができる程度の刺激でも守ることができなくなってしまいます。つまり、頭皮が乾燥してしまうと頭皮環境が悪化しやすくなってしまうということになります。

 

 

・頭皮の乾燥対策のためのシャンプーやドライヤーの使い方

全スカの人が頭皮の乾燥対策や保湿方法を行っていくのであれば、日頃のシャンプーの方法やドライヤーの方法を見直してみることをおすすめします。せっかく効果的な乾燥対策や保湿方法でケアしていても、間違った方法でシャンプーやとライヤーをしているとせっかくの効果を損ねてしまうことになりかねません。

まず、シャンプーをする際のポイントを紹介します。

シャンプーで洗髪することによって日中についた汚れや汗などをしっかり洗い落とすことは頭皮環境を整えるためにも大切なことですが、皮脂が潤いを保つために必要な皮脂まで洗い落とさないように注意しないと、乾燥の原因になってしまいます。

そのためシャンプーをする際は、ぬるま湯で洗髪することが基本です。熱いお湯を使ってシャンプーすると必要な皮脂まで落としやすくなってしまいます。

またシャンプーは直接髪につけるのではなく、手で泡立てしてからその泡を髪につけるようにすると髪や頭皮への負担を減らすことができます。頭皮や毛髪に負担のかけることは傷つけるだけではなく、乾燥にもつながるので注意が必要です。

洗う時も頭皮や髪になるべく負担がかからないように爪を立てずに指の腹のやわらかい部分を使ってやさしく洗髪していきます。そして、すすぎはすすぎ残しがないようにしっかりと時間をかけて行います。シャンプー残りがあるとそれが刺激物となってしまいます。

シャンプーで洗髪する時間はしっかりとるのにすすぎの時間は短いという人は結構いるので注意が必要です。

全スカを何とかしたいという人のなかには、頭部をできるだけキレイにしようと1日に何度も洗髪している人もいるかもしれませんが、洗髪のし過ぎも必要な皮脂まで落としてしまう原因となるので、洗髪する回数は1日1回にしておきましょう。

次にドライヤーの使い方ですが、その前に、ドライヤーで熱を当てるのは負担がかかりそうだから自然乾燥した方がいいのではと思っている人もけっこういると思います。しかし、半乾きの状態にしておくと頭皮環境を悪化させてしまうので、自然乾燥ではなくドライヤーで乾かすべきです。

しかし、ドライヤーの熱も長時間あてると乾燥の原因となってしまうので、短時間で乾かすのがポイントになります。そこで、ドライヤーを使用する前にしっかりとタオルドライしておくことが大切になります。タオルドライをするときはゴシゴシと荒っぽく拭くのではなく、タオルを髪に挟み込んでポンポンと優しく拭き取りましょう。

ドライヤーをするときは、頭部に近づけすぎないようにすることと、同じ場所に長時間あてないようにすることが基本です。そして、根元から毛先という順に乾かしていきましょう。

 

ドライヤー

 

・日常生活で行うべき乾燥対策や保湿方法

まず、保湿方法ですが、最近では頭皮に使用する専用の保湿ローションもたくさん販売されているので、そういった保湿ローションを使用するのもおすすめです。

保湿ローションは洗髪して頭皮をキレイな状態にしてドライヤーで乾かしてから使用します。保湿ローションを頭皮にムラなくつけて指を使ってやさしくなじませるのが基本です。

詳しい使い方や使用料は商品によって異なるので、その商品の使用方法をしっかり守って使用しましょう。

保湿ローションを使った保湿方法をしっかりと行うだけではなく乾燥対策することも大切です。

日常生活では紫外線対策をしっかり行うのが乾燥対策の基本になります。日差しが強い日ではなくても紫外線は年中降り注いでいるので、油断せずに紫外線対策は行いましょう。また、室内でも乾燥対策はしっかりと行う必要があります。特に、エアコンを使っている室内はすごく乾燥するので注意が必要です。

エアコンの風が直接当たらないように気を付けたり、加湿器を設置したりして乾燥しない工夫を行いましょう。職場などで室内の調整を自分ではできないという場合もあると思いますが、そういった場合はこまめに保湿ローションなどを使って保湿しましょう。

 

 

全スカを回復する育毛方法を知りたい人におすすめの育毛剤はこれ!